検索
 

2011年02月13日

実写映画「GANTZ」とコミック版「GANTZ」

GANTZ/映画と漫画

映画「GANTZ」を観た。

コミックを1巻だけ読んで、アニメ版「GANTZ」は見ずに映画「GANTZ」を観た。

どうしても原作を事前に知ってしまうと比較になってしまうけど、読まなかったことが幸いして、楽しめた。

で、その後、原作が気になって、読んでみた。


小さい星人のあたりから大量に敵が出てきて性能も良くなってきて…と、どんどんエスカレートしていって、もう収拾がつかない感じになってます。

吸血鬼だの他のグループだの、挙句の果てにはカタストロフィー。

もう、GANTZの設定関係なしで、ただの過酷な戦争物語でしかなくなっている。
広げた風呂敷のたたみ方が分からなくなった感じです。
posted by ミコちゃん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

漫画「20世紀少年」  読み終わりました

漫画「20世紀少年」を読み終わりました。
映画「20世紀少年」が気になることもあって、なんとか読み終わりました。

うーん。
編集者からは、浦沢直樹の伏線は天才だという話があるようですが、広げすぎた風呂敷は存在しないも同じのような気がします。

なぜ、この漫画20世紀少年が世界的に評判がいいのかよくわかりません。
posted by ミコちゃん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

「ピアノの森」 漫画版とアニメ映画版

ピアノの森/一色まこと

ピアノの森読みました。

同じクラシックものの「のだめカンタービレ」にくらべ、それぞれのキャラクタも薄く、ストーリーもオーソドックスである。また、内容もそんなにあるわけでもない。

けれどこの「ピアノの森」は、妙に読ませるというか、続きが気になってさくさく読めてしまう。
アニメ映画化されたのも、うなずける。

で、気になってアニメ映画の「ピアノの森」も見てみたが、まあ、ストーリーを忠実に映画化したものだったことが残念。原作をすでに知っていると、ね。


アニメ映画「ピアノの森
監督:小島正幸    漫画原作:一色まこと
声優:上戸彩、神木隆之介、福田麻由子、宮迫博之、池脇千鶴、
天野ひろゆき、ウド鈴木、黒沢かずこ、高田純次
posted by ミコちゃん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。